4月18日(月)新装開店です。

4月18日(火)新台入替

CR牙狼復刻版XX

CR牙狼復刻版XX

大当り確率→1/208.71
魔戒チャンス突入率→50%
魔戒チャンス継続率→82%
電チューサポート→1or0回転
大当り出玉
約1620個(15R)
約432個(4R)/9C

08年に初登場した初代「CR牙狼XX」の復刻版で初代の演出を完全再現、元祖「魔戒CHANCE」を搭載したライトミドルスペック機です。
通常時に3or7図柄が揃うと4R大当り「SPECIAL BONUS」を獲得、魔戒CHANCE突入が濃厚でラウンド中バトルは発生しません。
3・7以外の図柄揃いの場合は4R大当り「BATTLE BONUS(初当り)」獲得、ラウンド中のキババトルでガロが攻撃に耐えれば魔戒CHANCE突入です。
キババトルに敗北した場合は非確変の通常モード「バラゴモード」突入です。
「魔戒CHANCE」中に大当りした場合はラウンド演出を「魔陣ゲート」「魔獣ゲート」「魔戒ゲート」の3つの中から選択します。
「魔陣ゲート」では暗黒騎士・キバとのバトルが展開され、仲間が登場するか敗北しなければ魔戒CHANCEは継続します。
「魔獣ゲート」では全23種類のホラーとのバトルが展開され対戦するホラーによって継続期待度が変化します。
「魔戒ゲート」は「キババトル」と「ホラーバトル」のどちらかに発展、キババトルへ発展した場合は魔戒CHANCE終了の大ピンチです。
魔戒チャンス中のバトルで牙狼が攻撃を行えば15R継続、敵ホラーの攻撃パターンとなっても牙狼が反撃に出れば15R継続です。
敵ホラーの攻撃を被弾した場合は4R濃厚となり、危機回避成功で4R継続、危機回避失敗で4R魔戒チャンス終了です。
通常時の演出は初代のアツい演出やリーチをそのまま採用、擬似3連と暗転系アクションが重要なポイントとなっています。
新演出として「牙狼チェンジ」を搭載、発生すれば雨宮SP系「vs大号竜,vs邪眼竜,vs心滅ゼロ」のいずれかのリーチに発展します。

パチスロ3機種増台

アナザーゴッドハーデス

アナザーゴッドハーデス

AT「ゴッドゲーム」
1Gあたり約2.9枚増

「ミリオンゴッド」シリーズ初のゲーム数上乗せ特化型AT機です。
初当り契機として奇数図柄揃い期待度約25%の高確率ゾーン「HELL ZONE」が新たに搭載されました。
通常時に奇数図柄or紫7図柄or冥王図柄が揃うとAT「GOD GAME」(GG)突入確定です。
GG突入の前に上乗せ特化ゾーンの「JUDGEMENT(ジャッジメント)」が発生してAT初期ゲーム数が決定されます。
「JUDGEMENT」は以下の3種類。
・RUSH OF KERBEROS(ラッシュ オブ ケルベロス)→継続ゲーム数は5G+α〔平均上乗せゲーム数は約75G〕
成立役に応じてゲーム数上乗せが毎ゲーム発生します。
・ZONE OF PERSEPHONE(ゾーン オブ ペルセポネ)→継続ゲーム数は10G+α〔平均上乗せゲーム数は約150G〕
消化中、カットイン発生時に紫7図柄が揃うと50G以上を上乗せ。ゲーム数上乗せの0G連が発生する場合があります。
・PREMIUM OF HADES(プレミアム オブ ハーデス)→継続ゲーム数は10G+α〔平均上乗せゲーム数は約300G〕
消化中、カットイン発生時に冥王図柄が揃うと100G以上を上乗せ。ゲーム数上乗せの0G連が発生する場合があります。
GG中にチャンス役が成立すればゲーム数上乗せやフリーズ(大量上乗せの可能性大)発生のチャンスです。
シリーズを象徴するGOD揃い(出現率1/8192)は当選時に100GのGG&JUDGEMENT×3個以上の獲得確定です。

モンスターハンターⅡ月下雷鳴

モンスターハンターⅡ月下雷鳴

BONUS(初期ゲーム)
「青7」揃い→平均180枚
「赤7」揃い→約130~160枚
「BAR」揃い→約80枚

大人気ハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」とのタイアップ第二弾です。
出玉獲得の柱となるボーナス(擬似ボーナス)はゲーム数解除や自力高確率ゾーン、リプ連などを契機に発生します。
自力高確率ゾーンは「アイルーBINGO」と「緊急クエスト」の2種類です。
「アイルーBINGO」はリプレイ&チャンス役成立時にマス目が開いて列が完成すればボーナス突入です。(期待度40%超)
「緊急クエスト」は20G間にジエン・モーランを討伐できればボーナス突入+複数ストックのチャンス。(期待度約66%)
ボーナス中はモンスター討伐クエストが展開し、液晶下部にあるモンスターの体力ゲージをゼロにできれば討伐成功です。
すべての小役でモンスターの体力を減らすことができ、レア役成立やベル連、リプ連などは大量ダメージのチャンスです。
討伐するモンスターや使用するアイテムによって討伐期待度や報酬などが変化します。
討伐成功時「剥ぎ取りチャンス」発生でボーナスの1G連を告知or「+(プラス)」が出て再度「剥ぎ取りチャンス」突入です。
「剥ぎ取りチャンス」のループはボーナスの1G連ストックが発生する「剥ぎ取りチャンスG」獲得のチャンスです。
プレミアム的なボーナスとして「アマツBONUS」と「大連続BONUS」を搭載しています。
「アマツBONUS」:青7揃いの一部から突入、アマツマガツチを討伐すれば「剥ぎ取りチャンスG」複数獲得のチャンスです。
「大連続BONUS」:ボーナス開始時の昇格チャレンジで最昇格できれば突入、ジンオウガ役物タッチで上乗せゲーム獲得です。

サラリーマン番長

サラリーマン番長

超番長BONUS
「赤7.青7.赤7」揃い
→50G継続
番長BONUS
「赤7」or「青7」揃い
→40Gor100G継続
AT「頂RUSH」
「金7」揃い
→1セット50G+α
BONUS&AT/1Gあたり約2.8枚

パチスロ4号機時代に人気を博した「押忍!番長」シリーズ第三弾です。
私立轟高等学校の「番長」こと轟金剛が今作では実父の経営する「轟商事」を舞台にビジネス界の新たな戦いに挑戦します。
ゲーム性は前作「押忍!番長2」を踏襲、擬似ボーナスの「番長ボーナス」&AT「頂RUSH」のループで出玉を獲得していきます。
通常時の前兆ステージは3種類で「研修」<「猛研修」<「超研修」の順にボーナスorAT突入が期待できます。
自力高確ステージは2種類で「仁王門」<「猛仁王門」の順に期待度がUP、門を突破できればAT突入です。
ボーナスはREGがなくなり「番長ボーナス」と「超番長ボーナス」の2種類に変更されました。
前作と同じく「番長ボーナス」は赤7揃いよりも青7揃いのほうがAT突入期待度が高く設定されています。
「超番長ボーナス」はどのタイミングからも発生する可能性のある一発抽選役で終了後はAT「頂RUSH」突入確定です。
AT「頂RUSH」には「番長ボーナス」と同様に「赤頂RUSH」と「青頂RUSH」の2種類があります。
「頂RUSH」から「ブルーレジェンド」に突入すると青7揃いの「番長ボーナス」と「青頂RUSH」が80%の確率でループします。
AT中に「スラッシュチャレンジ」が発生して演出に成功すると規定ゲーム数内のAT性能が2倍or4倍の「頂SRUSH」突入です。
「絶頂RUSH」は「頂RUSH」中の「番長ボーナス」当選時の一部などから突入、10G+α継続する間に毎ゲーム上乗せが発生します。
今作はボーナス中だけでなくAT中の演出タイプも3つのキャラ(轟or鏡or雫)から選択できます。